2週間の写真つき口コミレビュー!効果最強の歯磨き粉コルゲート オプティック ホワイト リニューアルの効果

年齢とともに歯が黄色くなってきた・・・でもこんな悩みはありませんか?

 

「市販の歯磨き粉を試したけど、効果がほとんどなかった」

「歯科医院に毎回行くのは面倒だし、お金ももかかる」

「忙しくてゆっくりホワイトニングする時間がない」

 

そんな方におすすめなのが「Colgate Optic White  Renewal(コルゲート オプティック ホワイト リニューアル )」です

 

商品の特長を一言でいうと、

「本格的なホワイトニング成分が入ってるから、歯磨き粉なのに効果をすぐ実感」できるんです!

 

コルゲート オプティック ホワイト リニューアルってどんな商品?成分は?

◆商品名

Colgate Optic White Renewal High Impact White(コルゲート オプティック ホワイト リニューアル ハイ インパクト ホワイト)

コルゲート オプティック ホワイト リニューアル(楽天市場)

歯磨き粉のシェア世界NO.1のブランド「コルゲート」が製造販売している商品です

コルゲートが現在販売している歯磨き粉は全部で40種類ありますが、歯科医に推奨されているホワイトニング成分が最も高濃度で配合されています

 

同じくコルゲートの商品で「Colgate Optic White Platinum High Impact White(コルゲート オプティック ホワイト プラチナム ハイ インパクト ホワイト)」という商品がありますが、本記事で紹介している商品の旧商品と思われます(成分や濃度が近いため)

 

◆配合成分

ホワイトニング成分として2種類の成分が配合されています(過酸化水素、ピロリン酸四ナトリウム)

 

着色を除去する清掃剤として、歯科医院のホワイトニングでも使われている「過酸化水素」が入っています

ピロリン酸四ナトリウムという清掃助剤は、歯をコーティングしてくれるので、着色物や歯石などの汚れをつきにくくします

 

ホワイトニング成分以外にも、モノフルオロリン酸ナトリウム(フッ素)が配合されています

 

どんな特長があるの?

◆特長1:歯科医推奨のホワイトニング成分を配合!


◆特長2:日本の市販歯磨き粉ではとれない着色もとれる!

◆特長3:エナメル質にも安全な研磨剤

◆特長4:フッ素でホワイトニング後の歯を守る

 

◆特長1:歯科医推奨のホワイトニング成分を配合!

 コルゲート オプティック ホワイト リニューアルは、歯科医院のホワイトニングでも使われている「過酸化水素」という成分が3%配合されています

下の写真で、緑色の枠で囲っている「Hydrogen Peroxide」という成分です

 

下記でも説明しますが、この「過酸化水素」が入っているかどうかで、ホワイトニング効果に大きな差があります

 

◆特長2:日本の市販歯磨き粉ではとれない着色もとれる!

 

年齢を重ねると、歯が黄ばんできますよね

実は黄ばんでいる歯の原因には、「歯表面の着色」と「歯の細かい隙間にしみ込んだ歯内部の着色」の2種類の着色が関係しています

歯内部にしみ込んでしまった着色物は、日本の市販品に含まれる成分では取ることができません

 

コルゲート オプティック ホワイト リニューアルは過酸化水素が配合されているので、長年にわたってしみ込んで蓄積した着色物にも届いて白くします

1日2回×4週間使用することで、10年にわたり蓄積した黄色いステイン(着色物)を取ることができます(引用元:コルゲート ホームページ

 

◆特長3:エナメル質にも安全な研磨剤

ホワイトニング用の歯磨き粉というと、研磨剤でゴリゴリ歯を削ってしまう悪いイメージがありますよね?

実際、そのような商品は多く販売されています

 

しかしコルゲート オプティック ホワイトは、ホワイトニング用の歯磨き粉の中では歯が削れにくい研磨剤を使っています

歯のエナメル質にも安全なので、日常的に使うことができます

 

専門的な話になりますが、歯の削れやすさはRDA(象牙質研磨性)という指標で分かります

米国歯科医師会はRDA(削れやすさ)の上限値を250以下と設定していますが、ホワイトニングの歯磨き粉のRDAは100~250のあたりの商品が多いです(引用元:歯磨き粉のRDAデータ

コルゲート オプティック ホワイトはRDAが100なので、ホワイトニングの歯磨き粉の中では歯が削れにくい商品であることが分かります

 

◆特長4:フッ素でホワイトニング後の歯を守る

コルゲート オプティック ホワイト リニューアルは、モノフルオロリン酸ナトリウム(フッ素)を0.76%配合しています

実はフッ素は、ホワイトニング後の歯をケアする上で、大変重要です!

 

歯の表面は元々、ペリクル(唾液タンパク質でできた膜)という成分によって歯がコーティングされています

しかしホワイトニング直後は、このペリクルが一時的になくなるため、無防備な状態になっています

すると、炭酸水やお酢などの酸性の飲食物を口に入れた時に、酸性成分が歯に作用しやすくなり、歯が溶けやすい状態になります

 

でもコルゲート オプティック ホワイト リニューアルなら、フッ素が入っているので安心です!

歯が溶けやすくなった状態になっても、フッ素が歯を修復してくれます

歯が白くなっても、歯にダメージがでるのは避けたいという方には、ぜひフッ素が入っているかを重視して頂きたいです

 

2週間の口コミ・レビュー!

 

コルゲート オプティック ホワイトの商品のパッケージは以下のような感じです

私の場合は楽天市場で購入しました

 

国内に在庫がある場合は3日くらいで届くそうですが、国内在庫がなかったため届くまで約2週間かかりました

口コミの良さを事前にチェックしていたので、届いたときはやっと届いたーという感じでした

 

 

今回は、歯の色が気になるという友人に、歯磨き粉を使ってもらいました

日本の市販の歯磨き粉を使ったことがあり、コーヒーなどの着色は取れたけど、黄ばみが取れなかった方です

1日に1回使ってもらいました

 

上の写真が1日目に歯磨きした後、下の写真が2週間続けて歯磨きした後の写真です

かなり白くなっていることが分かると思います

毎日会う友人なのですが、1週間くらいで他人から見ても白くなったのが分かりました

 

コルゲート オプティック ホワイト リニューアルの推奨されている使い方は1日2回×4週間なので、まさか1日1回×2週間でここまで効果が出ると思わなかったので、かなり驚きでした(効果には個人差があります)

写真を見なくても、白くなったのが実感できるレベルでした

 

日本の市販歯磨き粉は着色を取ることはできても、黄ばみを取って白くすることはできなかったので、日本の歯磨き粉では効果に満足できない方に本当におすすめです!

 

歯磨き粉の使い心地は?(味・香り・発泡感)

 

味は海外の歯磨き粉だなという感じで、日本の歯磨き粉よりも香りや触感が強かったので、好き嫌いがあるかもしれません

楽天市場の口コミにもありましたが、湿布のようにスースーする感じです

 

また、歯磨きをしてすぐに泡立ってくるので、じっくり歯磨きするのは難しいかなと思いました

 

過酸化水素が入っているので、口の中がピリピリしないか心配でしたが、そのようなことは特にありませんでした(感じ方には個人差があります)

現在もまだ使い続けていますが、知覚過敏などもでていません

 

ただし、口角などについた歯磨き粉は、歯磨きが終わった後に水でしっかりすすぐように気を付けました

 

デメリットは?

 

◆海外の歯磨き粉独特の香りや触感がするので、好き嫌いがある可能性あり

日本の歯磨き粉よりも刺激的な味や触感があります

 

◆人工的な成分が入っている

歯磨き粉の成分としては日本でも一般的ですが、ラウリル硫酸ナトリウム(発泡剤)やBHT(酸化防止剤)などが入っています

オーガニック成分にこだわりのある方には不向きかもしれません

 

◆日本の市販歯磨き粉には含まれていない過酸化水素が入っているので、下記に当てはまる方はご使用をお控えください

・12歳未満のお子様

・知覚過敏、虫歯、歯周病、口内炎がある方(歯の知覚過敏を感じやすくなる可能性があります)

・歯が欠けたり、ヒビが入っている方(歯の知覚過敏を感じやすくなる可能性があります)

・妊娠、授乳中の方またはその可能性がある方

※日本で販売されていない商品なので、あくまでも自己責任での使用が前提となっている商品です

 

どこで購入できる?

◆楽天市場で購入

コルゲート オプティック ホワイト リニューアル(楽天市場)

 

◆Yahoo!ショッピングで購入

コルゲート オプティック ホワイト リニューアル(Yahoo!ショッピング)

 

あわせて読みたい

 

ホワイトニング歯磨きのおすすめ商品は、下記でも紹介しています

その他の歯磨き粉はこちら→ ホワイトニング歯磨き粉のおすすめ商品

 

今回の記事が良かったなと思ったら、ぜひ下記のクリックをお願いします!

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


美容・ビューティーランキング

 



Follow me!