歯に優しい歯磨き粉supersmile(スーパー スマイル)プロフェッショナルホワイトニングシステムの成分・研磨剤・効果・刺激・使い方を調査

歯が黄色いのがずっと気になっている・・・でもこんな悩みはありませんか?

日本製の歯磨き粉を色々と試したけど、効果をあまり実感できなかった

海外の歯磨き粉は効果が高いらしいだけど、刺激が強そう

「痛みもなく簡単に歯を白くするのはやっぱり無理なのかな?」

そんな方におすすめなのが「スーパースマイル プロフェッショナルホワイトニングシステム」です

商品の特長を一言でいうと、
海外の歯磨き粉なのに低刺激で歯を白くする」からすごいんです!

スーパースマイル プロフェッショナルホワイトニングシステムってどんな商品?


スーパースマイル プロフェッショナルホワイトニングシステム: トゥースペースト 119g/4.2oz + アクセレレイター 102g/3.6oz 2pcs並行輸入品

ホワイトニング先進国アメリカで大人気のブランド「supersmile」シリーズの商品の一つです

アメリカの審美歯科学会(ホワイトニングや矯正分野の学会)を創設したDr.スマイゲルが開発した商品で、各界の著名人に多くの愛用者がいます

美容専門店や百貨店などで販売されている高級歯磨き粉です

どんな商品特長があるの?

3つの特長があります

◆特長1:着色物を強力に分解する3つのホワイトニング成分で歯を白くする

◆特長2:過酸化水素よりも低刺激のホワイトニング成分を使用

◆特長3:研磨性が低い成分だから、歯が削れにくい

◆特長4:ホワイトニングしながら歯を強くできる

特長1:着色物を強力に分解する3つのホワイトニング成分で歯を白くする

歯磨き粉とアクセラレーターの2種類のホワイトニング剤を使うことで、歯を白くします

supersmile独自の臨床試験では、30日使用で歯の色が平均で6シェード白くなったそうです(引用元:supersmile公式ページ
 ※効果には個人差があります

6シェード白くなるというのは、自分でも周囲の人からも分かるレベルの変化です

ちなみに「シェード」というのは、歯の色が「何段階」あがったかを歯の色見本で説明するときに使う言葉です

どんな成分がどうやって歯を白くしているか、成分表やsupersmileの公式ページを確認して読み解いてみました

◆歯磨き粉(有効成分:カプロックス、過ほう酸ナトリウム)

グリーンのラインが入っている剤が歯磨き粉です

カプロックスという独自処方した成分を配合しています

カプロックスは、酸化カルシウムという成分をカプセルに閉じ込めたものです

酸化カルシウムはもともと歯磨き粉に配合しにくい成分なのですが、カプセル化することで配合できるようになりました

 

 

歯の表面には、ペリクル(タンパク質の膜)と着色物積み重なっています

カプロックスはペリクルを分解できるため、着色物も一緒に歯から除去することができます

 

以下に、カプロックスで着色物を除去するイメージをのせました

ペリクルをバラバラに分解すると同時に、着色物もバラバラになって歯からはがれていきます

 

ホワイトニングの歯磨き粉には、着色物をけずりとるために高濃度の研磨剤を配合されていることが多いです

しかし研磨剤が多いと、着色物をとることができる反面、歯が削られてしまうというデメリットがありました

カプロックスのすごいところは、けずらずに着色物を除去できる点です

また成分表をみると、過ほう酸ナトリウムという成分が含まれています

この成分は、日本で販売されているsupersmileの歯磨き粉には含まれていません

実はこの過ほう酸ナトリウムという成分は、過酸化水素(歯科医院のホワイトニングで使われている)と似た働きがあり、着色物を強力に分解する力があり、歯を白くすることができます

◆アクセラレーター(有効成分:過酸化尿素)

過酸化尿素という着色物を強力に分解する力がある成分を配合しています

日本製の歯磨き粉では、歯の隙間にしみ込んだ着色物を除去できませんが、過酸化尿素を使うことで歯にしみ込んだ着色物も除去できます

この歯にしみ込んだ着色物を除去できるかどうかは、ホワイトニングの効果に大きくかかわってきます

◆まとめ

このように、着色物を強力に分解する3つのホワイトニング成分(①カプロックス、②過ほう酸ナトリウム、③過酸化尿素)を配合することで、歯を白くしていると思われます

特長2:過酸化水素よりも低い刺激のホワイトニング成分を使用

ホワイトニングの方法を調べると「過酸化水素」という成分がよくでてきます

過酸化水素は着色物を強力に分解する成分なので、歯を白くする効果が高いのですが、反応性が高いため、唇や粘膜につくと刺激を感じます

効果は高くても刺激が強いと、一時的に使うならまだしも、長期間使うのは控えたいですよね

一方でスーパースマイル プロフェッショナルホワイトニングシステムで使用している3つのホワイトニング成分は、過酸化水素よりも刺激が低い成分です(ただし、過ほう酸ナトリウムと過酸化尿素は全く刺激がないわけではありません)

低刺激の成分を使うことで、日常的に使いやすくなりますね

特長3:研磨性が低い成分だから、歯が削れにくい

研磨剤は歯の着色物を除去して、歯を白くするのに有効です

しかしその反面、歯も削れてしまうため、研磨剤の量を多くすればよいというものではありません

そのため米国歯科医師会では、研磨性(削れやすさ)の上限値を設けています

RDA(象牙質研磨性)という指標で示していて、RDAが大きいほど削れやすくなります

米国歯科医師会はRDA(削れやすさ)の上限値を250以下と設定しています

スーパースマイル プロフェッショナルホワイトニングシステムのRDAは65なので、上限値:250よりも75%少ない値です

海外の歯磨き粉の中では研磨性が低く、歯が削れにくい歯磨き粉であることが分かります

特長4:ホワイトニングしながら歯を強くできる

◆カプロックス&フッ素で虫歯に強くする

カプロックスは、ペリクル(タンパク質の膜)を分解すると上記で説明しましたが、ペリクルを除去すると同時に、虫歯菌や歯周病菌の塊であるプラークも除去することができます

つまりカプロックスは、虫歯や歯周病に強い歯にすることができます

また、虫歯菌がつくる酸によって、歯は溶けていきます

フッ素は歯を酸に溶けにくい性質に変化させる効果があるため、さらに虫歯に強い歯にすることができます

◆ミネラル成分で歯を強くする

歯の再石灰化を促進して修復するミネラル成分(カルシウム、マグネシウム、リン)が含まれています(引用元:supersmile公式ページ

使い方は?

1.乾いた歯ブラシに、①歯磨き粉と②アクセラレーターをチューブからだします

 歯ブラシの長さの1/3くらいずつのせます

 ※歯ブラシを水でぬらすと、効果が下がってしまいます

 2.約2分間、小さく円を描きならが歯磨きします(1日2回推奨)

日本仕様品と並行輸入品の違いは?

日本仕様品と並行輸入品の成分を比較しました

※平行輸入品の各成分の配合目的は、筆者の推測で記述した箇所があります

アクセラレーターは日本未販売のため、記載していません

同じ歯磨き粉でも、日本仕様品にしかない成分と、平行輸入品にしかない成分(過ほう酸ナトリウム)があることが分かります

日本の歯磨き粉は法律の関係で、平行輸入品では配合できるホワイトニング有効成分(過ほう酸ナトリウム、過酸化尿素)が含まれておらず、効果は劣ると考えられます

どこで購入できる?

◆アマゾンで購入



スーパースマイル プロフェッショナルホワイトニングシステム: トゥースペースト 119g/4.2oz + アクセレレイター 102g/3.6oz 2pcs並行輸入品

 

◆楽天市場で購入


スーパースマイル Supersmile プロフェッショナルホワイトニングシステム: トゥースペースト 119g/4.2oz + アクセレレイター 102g/3.6oz 2品入【楽天海外直送】

◆Yahoo!ショッピングで購入

スーパースマイル ホワイトニング システム

あわせて読みたい

ホワイトニング歯磨きのおすすめ商品は、下記でも紹介しています

その他の歯磨き粉はこちら→ ホワイトニング歯磨き粉のおすすめ商品

今回の記事が良かったなと思ったら、ぜひ下記をクリックお願いします!

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


美容・ビューティーランキング

 







Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です