コスパ最高!White Glo(ホワイトグロー) LEDライトホワイトニングの成分・効果・痛み・使い方

市販の歯磨き粉やホワイトニングシートを色々と試してきた・・・

そんなあなた、このような悩みはありませんか?

 

「痛いのは嫌だけど、もう少し白くできるホワイトニングはないかな?」

「白くできて、なるべく安い商品はないかな?」

 

そんな方におすすめなのが、White Glo Accelerator Teeth Whitening Kit with LED Light(ホワイトグロー アクセラレーター ティースホワイトニングキット ウィズライト )です

商品の特長を一言でいうと、「低刺激・安い・短時間なのに白さを実感しやすい」からすごいんです

そんな評判のWhite Glo (ホワイトグロー)について、商品特長や使い方を調べてみました

 

White Glo Accelerator(ホワイトグロー アクセラレーター)ってどんな商品?

ホワイトニングジェルとブルーライトLEDを組み合わせて使う商品です

 

下記の5つが入っています

・青色LEDライト(コイン型電池)

・専用マウストレー×1個

・ホワイトニングジェル×1本(ホワイトニング50回分)

・取り扱い説明書

・シェードガイド(歯の色チェック用)

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

White Glo(@white.glo)がシェアした投稿

どんな会社が販売してる?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

White Glo(@white.glo)がシェアした投稿

1993年にオーストラリアで創業されたBarros Laboratoriesという会社が製造販売しています

当初はオーストラリアの女優やモデル向けに、商品開発していたそうですが、その評判が一般人にも広がったそうです

 

LEDライトとセットになった商品以外にも、歯磨き粉が販売されています

歯磨き粉は特に人気で、オーストラリアのレビューサイト「Canstar Blue」で、満足度が最も高い歯磨き粉(2019年)に選ばれています

ADA(オーストラリア歯科医師会)に認定された商品を扱っており、信頼性の高さも特長です

 

どんな商品特長があるの?

◆特長1:痛みがでにくい成分&低濃度


◆特長2:青色LEDでジェルの効果をアップ

◆特長3:海外LED商品の中でダントツに安い

◆特長4:1日たった10分だから手間が少ない

◆特長5:7日間の臨床試験で効果確認済み

 

◆特長1:痛みがでにくい成分&低濃度

・痛みがでやすい過酸化水素は不使用

歯科医院で使われている過酸化水素は、効果がある成分として人気ですが、歯や歯茎に刺激があるため、痛みがでやすいです

White Glo (ホワイトグロー)は、刺激の強い過酸化水素は使っておらず、過酸化水素よりも刺激が少ない過酸化尿素を使っています

 

・低濃度だから痛みがでにくい

上記で過酸化尿素は刺激が少ないと言いましたが、だからと言って全く痛みが起きないわけではありません

そこで過酸化尿素の濃度は効果がでるギリギリの濃度(9%)まで低くしてあります

 

LEDホワイトニングの他社品では、刺激が少ないといいながらも過酸化尿素の濃度が35%と高く、痛みを感じる人もいます

筆者が調査した6つの海外LEDホワイトニングの中でも、White Glo (ホワイトグロー)は過酸化尿素の濃度が最も低いです

効果の出方はゆっくりかもしれませんが、痛みをおさえながら歯を白くしていきます

 

◆特長2:青色LEDライトでジェルの効果をアップ

上記でも説明しましたが、痛みをおさえるために、ホワイトニング成分は低濃度にされています

しかしそのままだと、痛みは少ないけど効果も低いという結果になってしまいます

 

そこで登場するのが青色LEDライトです!

White Glo (ホワイトグロー)は、ホワイトニングジェルと青色LEDライトを組み合わせて使うことで、ジェルの成分による効果を高めます

 

◆特長3:海外LEDライト商品の中でダントツに安い

海外で人気のホワイトニング商品は、効果が高いだけあって、値段も高い傾向があります

筆者が6つの海外LEDライト商品を調べたところ、White Glo (ホワイトグロー)は最も値段が安いことが判明しました

※以下に記載の値段は、あくまでも海外現地での値段です。日本へ個人輸入する場合は、値段が高くなります

そして、値段が安いだけでもすごいのですが、実はコスパもとても良いです

なんとホワイトニング50回分のジェルも含まれています(ちなみに他社品では、多くてもホワイトニング20回分でした)

 

◆特長4:1日たった10分だから手間が少ない

海外のLEDタイプの商品の使用時間は、一番短い商品で10分、長い商品だと60分もかかります(筆者独自の調査による)

しかしWhite Glo (ホワイトグロー)は、1日たった10分とかなりホワイトニング時間が短いです

 

筆者の経験上、ホワイトニング時間が長くなると、唾液がたまってきて不快な感じになりますし(唾液とホワイトニングジェルがまざりあって、ジェル独特の味や風味をより感じやすくなります)、たまった唾液を口から出した方がいいのか、飲み込んでもいいものか、という状態になります

使用時間が10分であれば、唾液もまだそんなにでないため、不快感が少ないです

 

その他商品詳細(使い方など)は下記の過去記事でも紹介しています

商品詳細の記事はこちら→ コスパ最高!LEDライトホワイトニングWhite Glo(ホワイトグロー)の成分・効果・痛み・使い方を調査

 

◆特長5:7日間の臨床試験で効果確認済み

独自の徹底した臨床試験などにより、ホワイトニング効果と歯の安全性が評価されています

 

どんな成分が入ってるの?

ホワイトニング成分として、過酸化尿素9%が含まれています

また、天然の洗浄成分としてパイナップル酵素やパパイン酵素が含まれており、歯表面に蓄積した汚れを落としやすくします

 

使い方・使用頻度は?

◆使い方

1.ホワイトニングジェルをマウストレーに塗ります

2.マウストレーをLEDライトに取り付けます

3.マウストレーを口にはめて、LEDライトのスイッチを入れます

4.10分後、ライトのスイッチが自動でOFFになります

5.水で口をゆすいで、口に残ったホワイトニングジェルを取り除きます

 

使い方の詳細は、下記の動画でご覧になれます

 

◆使用頻度

1日1回10分×7日間

 

デメリットはある?

◆効果がでるスピードがややゆっくり

低刺激の成分を使っているため、刺激が強い海外の商品の中では、効果が比較的ゆっくりでます

ただし使い続けることで、白さを実感しやすくなります(効果には個人差があります)

 

◆マウストレーを口にはめるので、最初は異物感が気になるかも

つけたことがないマウストレーを口にはめるので、最初は異物感があって抵抗があると思います

また、口の大きい欧米人向けにサイズ設計されているため、日本人にはやや大きいと感じるかもしれません

 

◆使い始めはマウストレーにジェルを塗るのが難しい

すべての歯を均一に白くするためには、マウストレーにホワイトニングジェルをなるべくムラなく塗る必要があります

使い始めは均一に塗るのが難しいかもしれませんが、慣れていくと思います

 

White Glo(ホワイトグロー)が向いてる人、向いてない人

◆White Gloが向いている人

・日本の市販品(歯磨き粉、テープ、LEDライト)では効果を感じられなかった方

・ホワイトニングの痛みや刺激が苦手な方

・なるべく安く、短時間でホワイトニングしたい方

 

◆White Gloが向いてない人

・白さを早く実感したい方

・歯並びが極端に悪い方

 

使わない方がいい人はいる?

・12歳未満のお子様

・知覚過敏、虫歯、歯周病、口内炎がある方

・歯が欠けたり、ヒビが入っている方

・妊娠、授乳中の方またはその可能性がある方

 

日本で販売されていない商品なので、あくまでも自己責任での使用が前提となっている商品です

気になる症状がある場合は、かかりつけの歯科医院へ行くようにしてください

 

購入方法・値段は?

アメリカの製品ですが、BUYMAで購入できます

ただし日本では販売されていないため、代行業者を通した個人輸入という形での購入になります

 

◆BUYMAで購入

BUYMAではいくつか出品されていますが、最安値は34535円で販売されています(2021年5月15日時点)

購入はこちら→ 【White Glo ホワイトグロー】AUS発☆簡単ホームホワイトニング

 

BUYMA未登録の方は、下記から新規会員登録すると1000円分のクーポンがもらえます

新規会員登録はこちら→ BUYMAに友達紹介から新規登録する!

 

あわせて読みたい

◆効果が高いホワイトニングが気になる方へのおすすめ

White Gloよりも効果が高いホワイトニングが気になる方には、クレスト3Dライトがおすすめです

 クレスト3Dライトはこちら→ ホワイトニングシートとLEDだから効果最強!クレスト3Dホワイト ウィズライトの効果

 

今回の記事が良かったなと思ったら、ぜひ下記のクリックをお願いします!

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


美容・ビューティーランキング

 

Follow me!