コスパ最高!LEDライトホワイトニングWhite Glo(ホワイトグロー)の成分・効果・痛み・使い方・使用頻度・値段を調査

日本のホワイトニング用の歯磨き粉やシートを試してきたけど、あまり効果が実感できなかった・・・

もう少しレベルアップしたホワイトニングがないか探してる

でもこんなことはありませんか?

「歯科医院に行くのは面倒だし、お金もかかりそう」

海外の商品は効果が高そうだけど、歯にダメージはないのかな?」

安く安全白くできる商品なんてないのかな?」

そんな方におすすめなのが、White Glo Accelerator Teeth Whitening Kit with LED Light(ホワイトグロー アクセラレーター ティースホワイトニングキット ウィズライト )です

商品の特長を一言でいうと、

低刺激・安い・短時間なのに白さを実感できる」からすごいんです

White Glo(ホワイトグロー)ってどんな商品?

ホワイトニングジェルとブルーライトLEDを組み合わせて使う商品です

下記の5つが入っています

・青色LEDライト(コイン型電池)

・専用マウストレー×1個

・ホワイトニングジェル×1本(ホワイトニング50回分)

・取り扱い説明書

・シェードガイド(歯の色チェック用)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

White Glo(@white.glo)がシェアした投稿

どんな会社が販売してる?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

White Glo(@white.glo)がシェアした投稿

1993年にオーストラリアで創業されたBarros Laboratoriesという会社が製造販売しています

当初はオーストラリアの女優やモデル向けに、商品開発していたそうですが、その評判が一般人にも広がったそうです

LEDライトとセットになった商品以外にも、歯磨き粉が販売されています

歯磨き粉は特に人気で、オーストラリアのレビューサイト「Canstar Blue」で、満足度が最も高い歯磨き粉(2019年)に選ばれています

ADA(オーストラリア歯科医師会)に認定された商品を扱っており、信頼性の高さも特長です

どんな商品特長があるの?(成分・効果・痛み・使い方・値段)

◆低刺激のホワイトニング成分を使ってるから、痛みが苦手な初心者も安心して使える

刺激の強い過酸化水素は使っていません

過酸化水素よりも低刺激のホワイトニング成分を使っていて、さらに成分の濃度も低く設定されているため、ホワイトニングの痛みが苦手な方にもおすすめです

◆ホワイトニングジェルと青色LEDライトを組み合わせることで、白さを実感しやすい

 ホワイトニングジェルと青色LEDと組み合わせることによって、ジェルに含まれるホワイトニング成分の効果を高めるサポートをします

◆7日の臨床試験で効果を確認済み

独自の徹底した臨床試験などにより、ホワイトニング効果と歯の安全性が評価されています

独自の試験だけでなく、ADA(オーストラリア歯科医師会)が設けた厳格な基準を満たしているか確認するため、さらにもう1回試験が行われています

計2回の厳格な試験を通過しており、信頼性が高いといえます

◆海外のLEDタイプの商品の中でダントツに安い

 海外で人気のホワイトニング商品には、日本で購入するには7000円以上するものが多く、2万以上する商品もいくつかあります(入手先は時期によって変わる可能性があります)

 White Gloは日本でも3000~4000円程度で購入できるので、かなり安い商品です

 また、日本国内ではLEDライトを使った様々な市販品があり、安いものだと2~3千円で高いものだと7万円以上しますが、白くする効果に限界があります

 一方でWhite Gloは日本の市販品よりも効果が高い成分が配合されており、ホワイトニング効果を実感しやすいのに、値段も安いので、とてもお得な商品です

◆ホワイトニング50回分も入っているから、コスパがよい!

 ホワイトニングをしても、コーヒーなどを飲んだり年齢を重ねることで、歯の色は黄色に戻っていきます

 個人差はありますが、一般的には半年~2年で歯の色が戻るため、もう一度ホワイトニングをすることになります

 50回分も入っているので、1度のホワイトニングで7日間(7回分)使ったとしても、まだ43日間分のホワイトニングジェルが残ります

 商品を1つ購入することで、数年間は使えることになるので、とってもお得です

◆1日たった10分なので、毎日のルーティーンに組み込みやすい!

 海外のLEDタイプの商品の使用時間は、一番短い商品で8分、長い商品だと60分もかかります

 実はホワイトニング時間というのは、使いやすさ・続けやすさの面でとても重要だと考えています

 筆者の経験上、ホワイトニング時間が長くなると、唾液がたまってきて不快な感じになりますし(唾液とホワイトニングジェルがまざりあって、ジェル独特の味や風味をより感じやすくなります)、たまった唾液を口から出した方がいいのか、飲み込んでもいいのか、という状態になります

 使用時間が10分であれば、唾液もまだそんなにでないため、不快感が少ないです

◆色素を分解する天然のホワイトニング成分(パパイン酵素とパイナップル酵素)も配合

使い方・使用頻度は?

◆使い方

1.ホワイトニングジェルをマウストレーに塗ります

2.マウストレーをLEDライトに取り付けます

3.マウストレーを口にはめて、LEDライトのスイッチを入れます

4.10分後、ライトのスイッチが自動でOFFになります

5.水で口をゆすいで、口に残ったホワイトニングジェルを取り除きます

使い方の詳細は、下記の動画でご覧になれます

◆使用頻度

1日1回10分×7日間

デメリットはある?(効果・使い方)

◆効果がでるスピードがややゆっくり

低刺激の成分を使っているため、刺激が強い海外の商品の中では、効果が比較的ゆっくりでます

ただし使い続けることで、白さを実感しやすくなります(効果には個人差があります)

◆マウストレーを口にはめるので、異物感がある

つけたことがないマウストレーを口にはめるので、最初は異物感があって抵抗があると思います

また、口の大きい欧米人向けにサイズ設計されているため、日本人にはやや大きいと感じるかもしれません

◆使い始めはマウストレーにジェルを塗るのが難しい

すべての歯を均一に白くするためには、マウストレーにホワイトニングジェルをなるべくムラなく塗る必要があります

使い始めは均一に塗るのが難しいかもしれませんが、慣れていくと思います

◆歯並びが極端に悪い方は、使い方が難しい

歯並びが極端に悪いと、歯を均一に白くするのは難しくなる可能性が高いです

ホワイトニングジェルをマウストレーに塗って、マウストレーを口にはめるため、マウストレーから歯の距離が遠い箇所があると、ジェルが歯に付着しないため、効果がでにくくなります

歯並びが悪い箇所はジェルを厚めに塗るなど、工夫が必要になるため、慣れが必要になるかと思います

他社の海外LEDライト商品と比べて、どのくらい安い?

日本で入手できる海外LEDライトの人気商品の値段を比較してみました

日本で購入する際は入手先によって値段が変わるため、通常販売価格(ドル)で比較しています

6つの商品の中で最も安いことが分かります

どんな人に向いてる?向いてない?

◆White Gloが向いている人

・日本の市販品(歯磨き粉、テープ、LEDライト)では効果を感じられなかった方

・ホワイトニングの痛みや刺激が苦手な方

・なるべく安く、短時間でホワイトニングしたい方

◆White Gloが向いてない人

・白さを早く実感したい方

・歯並びが極端に悪い方

使わない方がいい人はいる?

・12歳未満のお子様

・知覚過敏、虫歯、歯周病、口内炎がある方

・歯が欠けたり、ヒビが入っている方

・妊娠、授乳中の方またはその可能性がある方

日本で販売されていない商品なので、あくまでも自己責任での使用が前提となっている商品です

気になる症状がある場合は、かかりつけの歯科医院へ行くようにしてください

購入方法・日本で入手する時の値段は?

アメリカの製品ですが、BUYMAで購入できます

ただし日本では販売されていないため、代行業者を通した個人輸入という形での購入になります

◆BUYMAで購入

BUYMAではいくつか出品されていますが、最安値は3480円で販売されています(2020年12月13日時点)

購入はこちら→ 【White Glo ホワイトグロー】AUS発☆簡単ホームホワイトニング

BUYMA未登録の方は、下記から新規会員登録すると1000円分のクーポンがもらえます

新規会員登録はこちら→ BUYMAに友達紹介から新規登録する!

あわせて読みたい

その他のLEDホワイトニングのおすすめ商品は、下記でも紹介しています

その他LEDホワイトニングはこちら→ LEDライトホワイトニングのおすすめ商品

今回の記事が良かったなと思ったら、ぜひ下記のクリックをお願いします!

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


美容・ビューティーランキング

 







Follow me!