どうして歯が黄色くなるの?

年齢とともに、歯は黄色くなっていきます。
歯が黄色くなった自分の姿を鏡をみると、やっぱりショックですよね。
今回は、なぜ歯が黄色くなるのか説明していきます。

1.タバコのヤニや色の濃い飲食物(コーヒー、ワインなど)などの着色物が歯にくっつく
歯の表面には、唾液に含まれるタンパク質でできた層があります。タバコのヤニや色の濃い飲食物に含まれる着色物は、その唾液タンパク層の上にくっつきます。
「歯-唾液タンパク-着色物」の間で働く力が強いため、歯ブラシでこするだけでは着色物はなかなかとれません。

さらに着色物は、歯の表面だけではなく、歯の深いところにまで入り込んでいます。
エナメル質には目には見えない無数の隙間があり、その隙間に着色物が長い年月を重ねて入っていきます。
ブラシでは届かない細い隙間に入り込んでいるため、歯ブラシではなかなか着色物はとれません。


2.歯自体がもともと黄色く、年齢とともに黄色が濃くなる
歯には一番外側にあるエナメル質(半透明)と、その内側にある象牙質(黄色)があります。日本人は象牙質の黄色みがもともと濃く、半透明のエナメル質から歯が黄色く透けて見えます。年齢を重ねることで、象牙質の黄色味がさらに濃くなることで、歯がどんどん黄色くなっていきます。
また、歯磨きのしすぎなどでエナメル質の厚みが薄くなることで、象牙質の黄色みがより透けて見えるようになります。

【最新版】コルゲート Colgate オプティックホワイト リニュー ホワイトニング 歯磨き粉 ハイインパクト ホワイト 85g Optic White Renewal High Impact White

まとめますと、歯が黄色くなる原因は下記の3つになります。
・歯の表面に着色物がつく
・歯の中に着色物がたまる
・加齢で歯自体が黄色くなる

実は原因によって、最適なホワイトニングが変わってきます。
歯の表面についた着色物にしか効果がない方法もあれば、すべての原因に対して効果がある方法もあります。
原因を考慮してホワイトニングを選ぶことで、自分に合うホワイトニングを見つけることができます。

次回は、「どうしたら歯は白くなるの?ホワイトニング成分のしくみを解説!」を紹介していきたいと思います。
歯が黄色くなる原因別に、どうやって歯が白くなるかお伝えしていきます。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


アンチエイジングランキング

【11月7日20時~9日2時までポイント10倍さらにクーポンあり】【あす楽】ホワイトニング ブリリアントモア(90g) 1本【Brilliant more】 【メール便OK】

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です