自分に合わないホワイトニングを選ぶとどうなる?

自分に合うホワイトニングの方法や商品を選んでしまうと、どうなるのでしょうか?

例えば日本の場合、歯科医院で行うような歯科医院でのホワイトニングに対してネガティブなイメージがある人は(歯に悪そう、痛そう、高そう)、手軽に使える歯磨き粉タイプの商品をまず試すことが多いです。

しかし歯磨き粉タイプの商品は、成分によってホワイトニング効果に差があったり、効果がでやすい人と出にくい人の差が大きいです。

効果が出る歯磨き粉を早い段階で見つけることができれば良いですが、効果が出なかった場合はその歯磨き粉を使わなくなります。年齢を重ねると、歯の色はさらに黄色くなっていくので、結局白い歯を手に入れることをあきらめることになります。

勉強熱心な方であれば、効果が出なかったとしても、もっと効果がある歯磨き粉が他にないか色々と試されるかと思います。しかし現在は、多くのホワイトニング用歯磨き粉が販売されていて、自分にぴったりの歯磨き粉が見つかるまでお金も手間もかかってしまいます。

クレスト  Crest 3Dホワイト 歯磨き粉 & ホワイトニング ジェル ブリリアンスミント  3D White  ホワイトニング歯磨き粉 ホワイトニング

また、歯磨き粉タイプでは効果が物足りないと感じる方には、海外で販売されているシールタイプやマウスピースタイプの商品を購入する方もいます。

商品にもよりますが、歯科医院で使われている方法と同じ成分が高濃度で配合されているので、歯に強い痛みを感じて、途中で使用を中止する人もいます。

効果と同じく歯の痛みの出やすさも個人差があり、「なんか歯がムズムズするなあ」という人もいれば、「痛くて歯磨きができない」レベルの強い痛みを感じる人まで様々です。強い痛みを感じた人は、痛みが嫌で、そのような商品を使わなくなります。

ということでまとめますと、自分に合わないホワイトニングを選んでしまうと、以下のようなことがあります。
「効果が実感できない」
「痛みを感じる」
     ↓
「ホワイトニングを途中でやめてしまう」
「商品を手当たり次第購入する」
     ↓
「歯が年齢とともにさらに黄色くなる」
「歯が白くなるまで、時間やお金、手間がかかる」

ホワイトニングの選び方が重要だということですね。

次回は、「どうやって自分に合うホワイトニングを見つければいいの?」をご紹介したいと思います。

【最新版】コルゲート Colgate オプティックホワイト リニュー ホワイトニング 歯磨き粉 ハイインパクト ホワイト 85g Optic White Renewal High Impact White

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です